17歳のかたが一山でセル手の丸メガネを





高知県・メガネのハマヤ 浜田 清

香川県から遠路はるばると高知県の当店に、17歳の男性のかたが、ホームページをご覧になっておこしくださいました。

「丸メガネを置いている店はあまりないので、インターネットで探してきました」とおっしゃっていました。

自店の丸メガネの中から、このかたの瞳孔間距離に適合するものを見ていただき、一山タイプ(鼻当てパッドがなくてブリッジの裏を鼻梁に乗せて支えるもの)で腕がセル手になっているブラックメタルのものを気にいっていただきました。 一山ですから、鼻当ての調整はできませんが、このフレームは腕の部分がセル手のガッチリした作りになっていますので、安定感がよく鼻へのすわりは問題なくフィッティングできました。

度数は、R S−1.50 L S−1.75 で、強くありませんので、レンズは屈折率1.5のプラスチックレンズで調製させていただきました。




丸メガネ、販売記
のページに戻る



トップページに戻る