丸メガネ研究会 オリジナルフレーム

TOP 丸メガネ研究会
オリジナルフレームの頁へ



丸メガネ研究会の優秀な眼鏡技術者がその知恵と技術を集結した
オリジナル丸メガネフレーム

シリング


シリング ビンテージゴールド
メーカー参考小売価格 ¥26,000+消費税




丸メガネ研究会が開発したオリジナル丸メガネ
シリングについて

設計:岡本隆博

フレンチクラシックなイメージの丸メガネ『シリング』が誕生しました。

『シリング』は、各所のパーツにフレンチクラシックなイメージのものをセレクトして、鉄系の金属の質感を、チタンで再現した、渋い風格の漂う丸メガネです。腕の部分には、“ミゾ掘りタイプ”の特殊な部品パーツを採用しており、横方向に掘り込まれた溝がとてもスマートかつクラシックに見えます。

シリングのサイズは41□27で、PDが64ミリ〜68ミリの人に好適な大きさですが、これは日本人男性の一番多いPDをカバーしている寸法で、やや大きめの顔にも対応できる、ふところの深いサイジングとなっています。

レンズのサイズは41mmで、42mmのパンテオンやゲンジでは、やや大きく感じ、40mmのナゴンやアソンでは小さく感じるというかたには、もってこいの絶妙なサイズです。

また、レンズの天地幅は39ミリとなっていて、実際は「まん丸に見える楕円形」なのです。

しかし、真円の丸メガネをご希望のかたには、真円シリング、にもできます。その場合には、玉型サイズは40×40となります。

シリングは、ワンサイズで、色は4色展開。チタン無垢の「チタンシルバーマット」から、鋼鉄の質感の「ビンテージシルバー」まで、4色の個性的なラインナップとなっております。




シリングの色

カラー1:チタンシルバーマット
チタンにメッキ処理を加えずに製品化することに成功した、ほんとうのチタンの地の色です。
色目はベーシックなグレー味を帯びたシルバー。メッキしておりませんので、例えこすれたとしても、メッキが落ちることはありません。質感そのものも、光沢を押さえた梨地仕上げで、金属本来のなめらかさを持った、やわらかな表面感です。

カラー2:ナチュラルブラック
ナゴンの黒に採用したマット加工でもなく、アソンの黒に使ったつやあり加工でもない、独特のナチュラル質感のブラック。本会のオリジナル枠の中でも、初めて出現した、微妙なブラックカラーです。とってもベーシックな黒の表面感で、奇をてらわない、ナチュラルなブラックです。

カラー3:ビンテージゴールド
渋い雰囲気のビンテージゴールドです。ビンテージゴールドというカラーを作る工程では、ガンメタリックなグレーを表面に塗ってから、ゴールドカラーを塗りつけるようにシャッシャッとまぶしていくので、へこんだところはガンメタルグレーがところどころそのまま残り、表面の目立つ部分だけがシブいゴールドカラーに塗られるます。今回の「シリング」は、腕部分のミゾのところがへこんでいるため、ビンテージゴールドに限っては、ガンメタリックグレー×しぶいゴールドというペア配色で、これまでになかった雰囲気のカラーとなっております。


カラー4:ビンテージシルバー
期待の大人気カラーです。鋼鉄の色に最も近い、フレンチクラシックの魅力を最大限に発揮したこのカラー。
もっともクラシックな色と言ってもいいかもしれません。横方向にブラッシングをかけられたミッドグレーのディープなシルバーカラーは、丸メガネ世界のスタンダードともいえるほどの、物言わぬ存在感を示しています。どんな洋服にもほとんど合いますし、ほとんどの日本人の顔を、エレガントクラシックに彩(いろど)ってくれることでしょう。




シリングのネーミングの由来

『シリング』とは、16世紀半ばのイングランド国王エドワード6世の時代に登場した通貨の単位です。
イギリスやオーストリアで使われていたものが有名ですが、現行通貨としてもいくつかの国で使われています。
丸い通貨の貨幣のイメージを表現しました。



シリングには4つの色があります。



カラー1:チタンシルバーマット 完売




カラー2:ナチュラルブラック




カラー3:ビンテージゴールド 完売



カラー4:ビンテージシルバー

                 【素材:チタン】
写真撮影 原 靖宏



シリングの品揃え店


北海道

北海道・グラスタイムシバタ



東北

青森県・カラーサークルアイズ

山形県・三原堂

福島県・メガネの石津屋(全色在庫)



関東甲信越

山梨県・メガネ・トケイ・ユキエ(全色在庫)

山梨県・充之多メガネ

東京都・マリコ眼鏡店(全色在庫)

神奈川県・オプティック オべロン(全色在庫)

長野県・メガネのマルトキ

東京都・オプティック・レインボー(全色在庫)

茨城県・メガネのトーキョードー

千葉県・optic DAIWADO(全色在庫)



中部東海

静岡県・時計メガネ宝石のオガワ(全色在庫)

愛知県・賞月堂一宮店(全色在庫)



近畿北陸

石川県・オプトパル

京都府・京都メガネ館・本店(全色在庫)

京都府・京都メガネ館・長岡店

大阪府・アイトピア(全色在庫)

大阪府・メガネショップ サノ(全色在庫)



中国

岡山県・せのをや



四国

高知県・メガネのハマヤ(全色在庫)



九州

福岡県・メガネのオガタ

大分県・メガネの豊福

長崎県・尚時堂

ここに掲載されている店には2色以上の品揃えがあります。






















































































シリングの玉型は、一見真円に見える疑似真円です。
伝統的な真円がお好きなかたには、真円でお作りすることもできますので、
ご遠慮なくお申し出ください。
それについては、割増料金はいただいておりません。

ただし、玉型サイズは、このシリングの場合、元は41×38ですが、
真円になると、40×40になります。


 *この加工をできる会員店については

 [  こ  こ  ]

 をご覧ください。



上に戻る / オリジナルフレームへ / トップページへ