TOP 丸メガネ研究会

丸メガネの玉型修正


丸メガネ研究会のオリジナルの丸メガネは、ほとんどのものを玉型修正により、縦と横の比率を変えて、少し違った(あるいは、かなり違った)雰囲気のものにできます。



←→
↑ 
元は左にしめす、40□30の真円のアソンでしたが、玉型を少し変えて、右の写真で示す、41□30(縦は39)の、「一見真円、実は擬似真円」のアソンになりました。縦と横は2ミリの差ですが、この程度だと、見比べてみないと、真円ではないとは、わからないかもしれませんね。 



←→
元は左に示す、40□26の真円のアソンですが、横を2ミリ延ばして縦を2ミリ短くすると、右に示す42□26(縦38)のアソンになります。縦の長さと横の長さは、4ミリ違いますが、この程度の楕円でも、まだ「丸メガネ」として通用しそうですね。 



←→
元は左の、40□22の真円のアソンですが、玉型をかなり変えて、右に示す、横44、縦36のアソンになりました。こうなると、もはや丸メガネではなく、「楕円のアソン」になっていますね。



←→
 ↑
元は左の写真のタイガ(43□34 縦41)ですが、可能な限り横長に変えて、右に示す 47□34 にしました。縦寸は37ですので、縦と横の差は10ミリとなります。ここまで変えますと、もはや丸メガネではなく、丸っぽい楕円のメガネだといえるでしょう。 




上に戻る / トップページへ