3つ続けて丸メガネが





京都メガネ館 保田光政

3つ続けて丸メガネが出ました。
 
おひとりめは、ジョンレノンがお好きな、34歳の男性です。現在は、ごく普通のヤングっぽい細身のフレームを掛けておられます。一度、丸メガネを掛けてみたいと、いろいろ検索されてお探しになったそうです。
入荷したてのパンテオンを気に入られ、10番と6番カラーで悩んでおられましたが、結局10番になさいました。

 作成眼鏡 パンテオン−24 10番カラー
       レンズ;1.60PLA
    R=S−1.00 C−1.00 AX90°
    L=S−0.75 C−1.00 AX95°

現在眼鏡がややか矯正気味でしたので、すごく楽にすっきり見えるとおっしゃっていました。
 
もう1名、翌日にも丸メ研HPからご来店いただきました。アンティークがお好きな、43歳の男性です。
現在もメガネはお持ちなのですが、掛けても掛けなくてもほとんど変わらないとのことで、普段は裸眼だそうです。それが、測ってみて、びっくり!

R=0.4〜0.5(0.6×S−0.50 C−4.50 AX15°)
L=0.2〜0.3(0.7×S+2.00 C−6.00 AX165°)
眼位;(2.5〜3.0△BI)、右眼上斜位(2.5〜3.0△BD)

裸眼視力も日によってかなり変わるようで、眼位もやや不安定です。長年そんな状態で過ごされているためか、さして不都合はないそうです。

ただ、もう少し見えて、気に入ったメガネだと掛けるようになるかもしれない、とのことでした。

お選びになったフレームは、KMN−37P、2番カラー(40□25、一山のセル巻きです) 
レンズは1.60G
R=S−0.50 C−3.50 AX15° 1.5△BI 1.5△BD
L=S+2.00 C−5.00 AX165°1.5△BI 1.5△BU

装用テストの結果、水平、上下ともプリズムは入れたほうが良い、また、乱視を低矯正にした方が少し近くが見やすい、とのことで、このように決めました。

丸メガネは、かなり気に入られたようで、慣れてきたらもう1本欲しいとのことで、Thinkingのことも詳しく聞いておられました。また、丸メ研HPは「お気に入り」に登録されているそうです。

このほかにも、昨年末お買い求めいただいた奈良の女性の方も室内用にもう1本丸メを(GMS−103C)お求めいただきました。




丸メガネ、販売記
のページに戻る



トップページに戻る